まだまだ存在する多重債務者

貸金業法が改正され、現在は例外を除き、年収の3分の1までしか借り入れができないという総量規制がありますが、それが実施されるようになった背景には、多重債務者の増加がありました。

考えてみれば、今よりもクレジットカードを作るのがずっと簡単だった気がします。そしてクレジットカードを作れば自動的にキャッシング枠も付いてくる。複数のクレジットカードを作り、それぞれのクレジットカードのキャッシング枠を使えば・・・あっという間に多重債務者に。

今は、キャッシング枠を設けたければ、クレジットカード会社に収入証明をしなければなりません。何もしなければキャッシング枠は0円。私がずっと使っていたキャッシング枠も、何十万円分かあったのに、いつの間にか0円になっていました。そういえば、貸金業法改正のとき、利用したければ申告するようにお知らせがあったような。使わないからいいんだけど。

金融庁でも毎年、『多重債務者相談強化キャンペーン』を行なっています。その成果か、相談件数は年々減ってきているとのことです。ただし、まだ一定数の多重債務者は存在しているだろう、とのことです。